Woman’s shineの福島佳奈美です。

ゴールデンウィーク真っ只中、お天気にも恵まれ、旅行に、レジャーにと楽しんでいらっしゃるでしょうか?

新学期も始まったばかり、何かと出費がかさむ時期ですが、まとまった休みが取れるチャンスはあまりありませんので、レジャーも楽しみたいですね。

きちんと支出を管理し、レジャーの予算もたてておくことで、
お金の心配をせずにレジャーも楽しむことができますね。
やはり、家計管理は大切です。

先日は、子育て世代の方の家計全般についてご相談をお受けしてきました。

小さいお子様がいらっしゃる方のために、提携先相談スペースの他、ご自宅への訪問も行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

出産や子育てにはお金もかかりますが、「出産育児一時金」や自治体の妊婦健診の補助でまかなえる部分は大きいです。
働き続けたい女性には、「出産手当金」や「育児休業給付金」など、申請すればもらえるお金もあります。

その他にも、自治体独自の子育て関連の支給がある場合もありますので、住んでいる自治体の子育て情報はホームページでチェックしておきましょう!

さて、【みんなのライクハックサイト@DIME】にて、子育て世代が国や自治体からもらえるお金についてコメントさせていただきました。

使わなきゃ損!国・自治体の補助金・給付金制度【出産・子育て編】

ぜひ、参考にしてみてくださいね。